スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

メモ:2017年6月5日発表の甲状腺検査結果の数字の整理

2017年6月5日に、第27回「県民健康調査」検討委員会および第7回「甲状腺検査」評価部会が合同開催され、甲状腺検査1巡目〜3巡目の結果が発表された。ここでは、検査結果の数字をメモ的に整理した。データは2017年3月31日時点のものである。

1巡目結果は、平成28年度追補版が発表された。悪性ないし悪性疑い数および手術症例数には変化はない。

2巡目結果は、まだ二次検査が進行中のため、今回も確定版は出なかった。二次検査の進捗を見ながら、次回か次次回に確定版が出されるとのことである。二次検査の受診率は前回より3%ほど増えて82.3%、結果確定率は95.4%である。(2巡目未受診の25歳節目検診対象者の受診結果も2巡目に計上されるため、今後も受診者数が増加する見込み)

2巡目では新たに2人が悪性ないし悪性疑いと診断された。いずれもいわき市在住で、事故当時年齢が12歳の男性と、同じく11歳の女性1人である。これで、2巡目で悪性ないし悪性疑いとされたのは計71人となる。この71人の先行検査(1巡目)結果についても、簡単にまとめた。この2人の1巡目結果は、A1が1人とA2が1人であるが、A2症例が結節だったのかどうかは発表されなかった。

2016年5月1日から開始されている3巡目では、一次検査受診率が前回より10%増えた35.8%で、691人の二次検査対象者のうち、332人が二次検査を受診し、うち225人で結果が確定している。11人が細胞診を受診し、4人が悪性ないし悪性疑いと診断され、すでに2人が手術を受けた。この4人の詳細は、男性2人(どちらも事故当時10歳)、女性2人(事故当時8歳と13歳)で、2人は避難区域等13市町村、2人は中通りの住民である。

先行検査(1巡目)
悪性ないし悪性疑い 116人
手術症例      102人(前回から変化なし)(良性結節 1人、甲状腺がん 101人:乳頭がん100人、低分化がん1人)
経過観察中      14人

本格検査(2巡目)
悪性ないし悪性疑い 71(前回から2人増)
手術症例      49人(前回から5人増)(甲状腺がん 49人:乳頭がん 48人、その他の甲状腺がん**1人)
経過観察中     22人

本格検査(3巡目)
悪性ないし悪性疑い 4(前回から4人増)
手術症例      2人(前回から2人増)(甲状腺がん 2人:乳頭がん2人)
経過観察中 …

甲状腺検査専門委員会診断基準検討部会の議事録より

*非公開コンテンツ

「甲状腺検査専門委員会診断基準検討部会」(以下、診断基準検討部会)は、日本甲状腺学会、日本甲状腺外科学会、日本内分泌外科学会、日本超音波医学会、日本超音波検査学会、日本小児内分泌学会、日本乳腺甲状腺超音波会議(現在は日本乳腺甲状腺超音波医学会と改名)を総括した「甲状腺7学会」により構成されており、第1回議事録からわかるように、県民健康調査の甲状腺検査の診断基準などの設定に関わった検討部会である。2011〜2013年はいずれも2度づつ開催されており、2013年の2回目(第6回)以降は、県民健康調査検討委員会(以下、検討委員会)の2〜3週間前に開催されるようになった。

診断基準検討部会は、もともとは、「甲状腺検査専門委員会診断基準等検討部会」という名称だったが、途中から「等」が抜けている。

検討委員会の初期座長を務めた山下俊一氏は、2012年度で座長を辞任し、2013年6月5日開催の第11回検討委員会からは星北斗氏が座長を後任した。その後、山下氏は表舞台から去ったように見えたが、実は、検討委員会や甲状腺検査評価部会よりも甲状腺検査に一番近い診断基準検討部会を通して、深く関わってきているのである。(当時は、まだ甲状腺学会の会長でもあった。)診断基準検討部会では、本来なら甲状腺検査評価部会でされるべきような、甲状腺の専門家らでの間の議論がされていることが、議事録からうかがえる。

議事録は、「福島県立医科大学  放射線医学県民健康管理センター デジタルアーカイブ」からアクセス可能である。委員名簿は真っ黒に塗りつぶされているものの、少なくとも第1・2回の委員名簿は、以下のツイート(ツイート内リンクはデッドリンク)のように、2012年1月31日付けの福島県医師会への講習会資料内に掲載されていた。なお、隈病院の宮内昭氏は、2015年8月5日に開催された環境省の第9回 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議(通称:長瀧会議)において、この検討部会の委員であると自己申告されている。(議事録はこちら

福島県立医科大学甲状腺検査専門委員会診療基準等検討部会の委員名簿は、2012年1月31日付けの福島県医師会への講習会資料内に掲載されている。http://t.co/4UByDctB2Tpic.twitter.com/b8sLgqMjzk